うつ病を治す言葉。

うつ病を治すのに必要なのは、薬と休養です。

この2つに加えて、つらい時を支えてくれた数々の「言葉」が

あったからこそ、うつ病は治せる、と思うのです。

 

私が一番忘れられないのは、ある医師に言われた言葉です。

「理想は、ラーメン屋のガンコ親父になること」。

 

診察の最初に言われたのは、「歩道を歩いていて、

後ろから来た自転車にベルを鳴らされたらどうする?」でした。

道路交通法改正前の話で、まだ自転車が歩道を走ってもいい時代です。

私は思いつくままに、

「気がついてよけてあげられなくて悪かったと思う」と答えました。

 

正解があるわけではありません。

ただ、医師は私に次のように言いました。

「一方的に歩行者によけてもらおうとする自転車の方が悪いのに、

どうしてそんなに気を使うの?

相手が悪いのに謝って、おまけに手土産まで持たせようとする、

そんな生き方をしてない?」と。

 

言われてみれば、私はいつも周りに気を使ってばかりでした。

気配りといえば聞こえはいいですが、

周囲の顔色をうかがって生きていたのです。

医師はそれを見抜いていたのでした。

 

そして言われたのが、最初に書いた言葉です。

「理想は、ラーメン屋のガンコ親父になること。

ラーメン屋だから売り物はラーメンで、

ギョウザを注文する客がいたら、そんなものはない、

ラーメン屋でギョウザを頼む客が悪いと言い切る。」

 

私は私だから、理不尽な要求をされたら断っていい。

作りたくないものは作らないラーメン屋のように、

できないことはできないと言っていいんだ。

そんな当たり前のことなのに、目から鱗が落ちるようでした。

 

今でも時々疲れてしまったときはこの言葉を思い返します。

ラーメン屋なのに、イタリアンのフルコースを出そうと無理していないか。

そんなことはできるわけないから、ラーメンだけ作っていればいい、と。

自分の身の程に気づかせてくれた、大切な言葉です。

 

心に響く言葉は人それぞれ違います。

うつ病でつらいとき、自分を支えてくれる言葉に出会えると

乗り越える力が湧いてきますよね。

 

世の中にはたくさんの素敵な言葉があふれています。

弱っている心を支えてくれる言葉に、皆さんが出会えますように。

そしてうつ病の痛みが少しでもやわらぎますように(^^)

2 Responses to “うつ病を治す言葉。”

  1. 私も同じようなことをカウンセラーに言われました。病気になって使える「気」もないのに使おうとしていた自分がいたのですが、「気」がなくなる病気になったのだし自分に余った分の「気」だけ使うようにしようと変わりました(^^)

  2. >あおぶうとんさん
    「気」がなくなる病気・・・そのとおりですよね。
    うつになると元気も気力もなくなってしまいます(/_;)
    わかっていても自分ではなかなか気づけないんですよね。
    私もついつい「気」を使おうと無理してるので、気をつけます(^_^;)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ