最近話題の「うつヌケ」を読んでみた。

パロディ漫画で有名な田中圭一さんが書いた「うつヌケ」という漫画。

ネット上で話題になっていたことと、

作品がマンガなので読みやすいのでは?という思いから、

久しぶりにうつ関連の本を読んでみました。

 

うつの暗く長いトンネルからヌケることに成功した、

“うつヌケ”の先輩達の体験談はとても参考になります。

すべてが自分と同じ、ということはなくても、

この人のこれは私と同じ症状だ、

あの人のあの体験は自分と酷似している、と感じることがたくさん。

今、うつで苦しんでいる人やその家族、周りの人たちに、

ぜひ読んでほしい一冊です。

 

作中には、「マンガで分かる心療内科」で有名な

ゆうきゆう氏に取材した回もあります。

体験談の本にありがちな、自分はこうだったからこうするといいよ!という

押しつけのようなものは、まったく感じませんでした。

 

うつに関する本をたくさん読んできた中で、

私は「うつヌケ」に出会えてよかったと心から思う。

この本は間違いなく、私にとっての“うつのバイブル”です。

これから何度も繰り返し読み続けよう、

そう決意させてくれる作品でした。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ