薬を使わない精神科医の本。

今日ご紹介する本は、「薬を使わない精神科医」として

知られている宮島賢也さんの書いた本。

「医者の私が薬を使わず「うつ」を消し去った20の習慣」です。

タイトル長すぎ(笑)。

 

薬を長年飲んでいて、うつが治らないことに疑問を感じていました。

著者も、7年間うつの治療で薬を飲み続け、

従来の治療方法に疑問を持ち始めたのです。

 

薬を使わずにうつを治すための基本は、

「考え方を変える」ことだと書かれています。

でも、わかっていても、難しいですよね。

自分の考え方のクセを変えるって簡単なことじゃありません。

 

だけど考え方を変えることも含めて、

「20の習慣」を行うことで、うつ病を治せる、と著者は言います。

 

たとえば、人間関係をシンプルにするために

「相手は変えられないことを受け入れる」。

自分は変われるけど、相手は変えられない。

だから相手に要求をし続ける限り、自分の苦しさは終わらない。

 

「パートナーや家族の中で良い・悪いの評価をはずす」。

相手のありのままを受け入れる。

相手を変えることはできないのだから、

良い・悪いの評価をしないことで、いい関係が築ける。

 

・・・なかなか難しいかな、とは思いますが、

時間がかかってでも実践していきたいな、とは思いました。

 

私ができるだけ気をつけているのは、

「自分にとって居心地のいい場所に行く」という習慣。

物理的なことだけではなく、精神的な場所という意味合いもあります。

自分を傷つけることを言う人とは、距離をおく。

それが「居心地のいい場所」です。

つらい場所でじっと耐える必要はない、という言葉に救われました。

 

他にも、免疫力を高めるために「体調が良くなる食習慣を見つける」、

「気持ちよいレベルで体を動かす」など、

言われてみればそのとおり、ということが書かれています。

考え方を変えるよりは、食事を変える方が簡単かもしれませんね。

 

「症状が出るときは、がんばりすぎていないかと問いかける」。

これにははっとさせられました。

私は具合が悪いとき、ほぼ確実に、がんばりすぎています。

人間関係だったり、仕事だったり。

自分が我慢すれば・・・と思って無理しているのを

見透かされた気がしました。

 

がんばらなきゃいけないときもありますが、

その結果はやっぱり症状が出てしまいますよね。

そういう時は体が休めと言っているのだから、

休みましょう、とも書かれています。

休みづらいと思ってしまうのがうつ病患者の性格ですが、

休息はやっぱり必要です。

 

全体を通して、納得させられる内容が多いのですが、

全部実践するとなると時間はかかりそうです。

20の習慣を紙に書いて貼っておくといいかもしれません。

私はさっそく20項目を書きだしてみようと思います。

薬だけに頼らず、自力で治そうという意志をもって

うつ病に向き合えば、きっと良くなると思わせてくれる本でした。

 

3 Responses to “薬を使わない精神科医の本。”

  1. 私もうつは薬だけでは治らないと考えています。
    「考え方を変える」というより「考え方を増やす」ということは出来ると思います。
    例えばこのような本を読めば「こういう考えもある」と知ることができ、いつもは無理でも時々そんな考え方が頭に浮かべばラッキー♪って感じに思っています。
    洋服も好みがありますが、ちょっと違った服を着てみたら案外似合っていたり・・・そんな感じで栄養療法や運動療法を試してみたり、色んな思考が増えるといいなぁと考えています。

  2. コスモス より:

    無理をしていないつもりでも、後になって無理をしていたんだなぁーと感じる事ってあります

    私も主人に上手に甘えられれば気持も楽になるでしょうが、自分の立場などを考えると性格上無理です
    鬱に関する本っていっぱいありますが、どうしてかしら?と疑問に感じます

    「こうすれば良い」というような内容を書いてありますが、自分にとって大変な事もあります
    それ(大変なこと)をするには無理が生じるような気がします

    無理をしないってどういうことかしら?

  3. >あおぶうとんさん
    「考え方を増やす」っていい発想ですね(^^)
    1つの考え方に固執するより、いろんな考え方を持っていた方が、困ったときに助けてくれそうですよね。
    私もいろんな本を読んで思考を増やせるようがんばります♪

    >コスモスさん
    私も無理をしがちなので、私なりの解釈ですが、仕事でも家族関係でも、我慢するのが良くないのではないでしょうか?
    もちろん家族がすべて理解してくれるわけではないので、自分が諦めなければいけない部分も出てくると思います。私は両親に対して、うつ病のことを100%はわかってもらえないけど、病気だということは理解してもらえた、と考えて接するようにしています。「理解してくれない」というストレスがそれで減るんですよね。
    そういうふうに、自分の心に負担をかけないようにする=無理をしない、っていうことじゃないかな、と私は思ってます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ