うつ病とアルコールの関係。

うつ病の治療中にアルコールを飲むのは厳禁、という説があります。

1つめの理由は、依存症になりやすいから。

そしてもう1つの理由は、薬の効果を強めてしまい、

副作用が出やすくなるから、だそうです。

 

私は今も昔も、大のビール好きです。

うつ病になったとき、ビールを飲みたくなかった時期はあったけど

回復するにつれ、飲めるようになりました。

 

当時の担当医は、「たまに飲んで発散するくらいなら問題ない」

と言っていましたね。

薬と一緒に飲んではいけないことくらいは知っていたので、

ビールは少なめに飲んでおき、薬は時間をずらして飲んでいました。

 

「お酒をやめたら100%うつ病が治ります」と言われたら、

飲むのをやめたかもしれません。

でも、そんな保証はどこにもないんです。

だったら、節度をもって、好きなお酒を飲むくらい、

かまわないと思うのです。

 

ただし、気をつけたいのは飲み過ぎで勢いがついてしまうこと。

素面のときには我慢できる希死念慮が、

酔った勢いで実行に移されるというケースもあります。

希死念慮の強い時期は、飲酒は控えた方がいいかもしれません。

 

また、飲酒は眠りを浅くするので、不眠の症状がある方は要注意です。

寝酒、というのは寝つきだけは良くなりますが、

結局は中途覚醒してしまうので、睡眠薬の代わりにはならないものです。

 

アルコールの効果で不安がやわらぐ、という人も多いでしょう。

私もそういう時はあります。

依存につながるのはそれが常習化してしまうからでしょうね。

でも、不安を取り除くにはアルコールだけではダメなんです。

わかっていれば、依存にはなりません。

 

ちゃんと薬を飲み、休息をして治療を続ければ、うつ病は治ります。

その中でストレスを溜めない程度にお酒をたしなむのは、

悪いことではないと思うのです。

 

飲酒の頻度と量が多い人は、

念のため、医師に相談することをおすすめします。

5 Responses to “うつ病とアルコールの関係。”

  1. 今日ここ より:

    私も、夕食の時、ビールやワインを頂きます。
    多量には飲まないけれど、おっしゃる通り、楽しみを減らしてまで、ストイックにならなくても良いと思います。
    むしろ、少しのアルコールを食事の時、楽しみたいな!という時は、私の場合、体調が良い時で、鬱が酷い時は、飲む気にもなれませんでした。
    今は、毎晩、ツレと、楽しく少しのアルコールと夕食を頂くのが、何より楽しみです。で・・・ダイエットは、なかなか成功しません(涙)

  2. >今日ここさん
    体調の悪いときは、お酒を飲む気も起きないですよね。私もそうでしたが、逆に不健康だと感じていました。
    晩酌を楽しめるくらいの方が、健康的で良いと思います♪飲むとちょっと食べ過ぎちゃうんですけどね(^_^;)

  3. 匿名 より:

    アルコールでデパスやマイスリー飲んでも
    問題なく60歳近く生きてます。
    どうして、生きてるのでしょうね

  4. 匿名 より:

    そうそう、寝る前は、200CC以上
    ウイスキー飲んでますけど
    もちろん、それ以外に
    ワインやビールやウォッカや・・・
    肝臓強いんですねぇ
    どうして、死ねないんでしょうねぇ

  5. >匿名さん
    お返事が遅くなり申し訳ありません。
    いろいろなお酒をたくさん飲まれるのですね。肝臓も強いのかもしれませんね(^_^;)
    お酒で薬も飲まれるようですが、適量でお体ご自愛くださいm(__)m

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ