うつ病と入浴。

うつ病になって、自分でショックだったことがいくつかあります。

お風呂に入る気力がない、というのもその1つです。

 

今は働いているので、毎日シャワーを浴びて清潔にしていますが、

うつ病の症状が重い頃には、入浴が苦痛でたまりませんでした。

こんな状態になるのは自分だけだろうと思っていましたが、

うつ病を患っている友人や知人に聞くと

やはり入浴がつらくなったという人は多かったですね。

 

科学的根拠があるわけではなく、

おそらく気力がわかないことが原因といわれています。

お湯につかるというのは体力を使うし、

髪や体を洗うのも、案外疲れるものです。

 

私はもともと長湯しない方だったので

シャワーだけで済ませることに抵抗はなかったのですが、

それでもシャワーを浴びようという気持ちにもなかなかなれません。

支度だけして、何度か風呂場へ向かおうとしても

結局何もできずに朝を迎えてしまうことがしょっちゅうありました。

 

うつ病で自宅療養中の場合、時間がいくらでもあるので

24時間好きなときにシャワーを浴びればいいよ、

と母が言ってくれました。

寒い冬には浴槽にお湯をはってもらっても入浴できず

申し訳なく思ったことは数えきれません。

残り湯で洗濯するからいいよ、と言ってもらえるのが

せめてもの救いでした。

 

入浴が苦痛という方、

もしかしたらこれを読んでいる中にもいるかもしれませんね。

不潔と思われたくなくて、誰にも相談できないとか、

自分だけだと思っていて落ち込んでいるとか、

そういう人が私以外にもいるかもしれない、と思ったので

ここに書くことにしました。

 

うつ病が原因です。

誰のせいでもありません。

風呂に入る気力がなくても、うつ病だから仕方ないんです。

 

それでもどうしても入浴しなきゃいけないというときは、

私はいろいろ工夫をして、乗り切っていました。

脱衣所に着替えを持っていき、一休みする。

シャワーを浴びて具合が悪くなってもいいように、頓服薬を準備しておく。

入浴だけで力尽きてしまったら、髪は自然乾燥でも自分を責めない。

 

健康な人が聞いたら笑っちゃうようなことです。

でも、うつ病の人にとっては大変なことです。

うつ病だからお風呂が苦手になってしまったという方、

あなただけじゃないですよ。

私も同じです。

 

風邪をひいて何日か風呂に入れないこと、ありますよね。

それと似たようなものです。

入浴できなかったからといって命にかかわるわけじゃなし、

できるときに、気が向いたときに、やればいいんです。

たかがお風呂ですもの。

そんなに気に病むことじゃないと思うのです(^^)

5 Responses to “うつ病と入浴。”

  1. より:

    こんばんは。
    私もです。お風呂が億劫でたまりません。
    ただ、髪の毛は清潔にしていたいという強い拘りがあり、
    髪の毛だけを洗う日が多いです。
    明日、美容室の予約をしているんですが、それもかなりのプレッシャーです…
    うつは、色んなものを奪っていきますね。
    楽しんでいた趣味でさえも辛くなるのですから。
    悔しいです。
    もう元気だった自分には戻れないのでしょう。

  2. 今日ここ より:

    よく書いてくださいました。
    ズバリ、お風呂はとっても億劫でした。
    そんな自分が嫌で嫌でしようがありませんでした。
    だいぶ元気になった今でも、少し、その傾向があります。が、さすがにこの暑さで汗をいっぱいかくので、お風呂にはいらないと、ベッドに横になると、気持ちが悪い。それで、仕方なく入っています。
    と言っても私もシャワーが多いです。
    今は余り自分を責めなくなって、インフルエンザになれば、数日、お風呂ははいれない、とか、エベレスト登山するような人は、何日もお風呂にはいれないだろう、とか理由をつけて、開き直りました。
    ほんとにおかしな病気ですね。

  3. >陸さん
    髪の毛を洗うだけでもかなりさっぱりしますよね(^^)
    体調が悪いときの美容院はつらいですね。予約した時間に行かなくちゃというプレッシャーにもなるし、人と接するのも大変ですものね。
    うつでたくさんのものを失いますが、私は得られるものもあると思います。人の優しさがわかるようになったし、健康の有り難みも知りました。前とまったく同じ自分にはなれなくても、体調が落ち着けば、新しい自分に出会えるのではないでしょうか?

    >今日ここさん
    やっぱりお風呂苦手派、多いですね。調べたらかなりの割合でいるんじゃないかと思ってます(笑)。
    私も今でも億劫なときがたまに・・・いえ、たびたびあります(^_^;)
    でも次の日が仕事だと、頑張るしかないんですけど、それでも嫌でたまらなくて、朝になってからシャワーを浴びたりしますね。真冬以外は。
    「風呂に入らなくても死なない」と堂々と言ってみたいですねー。ホント、不思議な病気です。

  4. 私も入浴は億劫でしたね。でもカウンセラーに「血液の循環がよくなるしリラックス効果がある」ということを言われてから、家事より入浴を優先していました。
    全然無理なときは介護職をしていた時、施設では入浴が週2回なのでそれを基準にしていました(^^;)
    最近は入浴は大丈夫なくらい回復していましたが、無理な時は主人に「風呂嫌い(フロギー)」と呼ばれていて「私今日もフロギー」と開き直ってました♪

  5. >あおぶうとんさん
    入浴にはそんな効果もあるんですね。私は今でもシャワー派なので、たまには湯船につかるようにしてみます(^^)
    フロギーってなんかかわいいネーミング♪
    言葉のもつ雰囲気とかイメージって、うつのときの会話では大事ですよね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ