うつ病の治療には薬と休養が必要。時間をかけてじっくり治す

うつ病と診断されたけど、薬をだされただけで診察はおしまい。

あなたは通院で、不安になっていませんか?

うつ病の治療方法は、大きくわけて、薬と休養の2つ。それだけ? と思うかもしれないけど、とても大切なことなんです。

 

治療に一番大切なもの。それが薬

「心の病」と言われがちなうつ病ですが、実際には、脳の中の神経伝達物質の伝わり方に問題があると考えられています。それを修正するために必要なのが、薬です。

処方された薬は、ちゃんとのみましょう。

 

効く薬は人それぞれ

薬にはいろいろな種類があって、どれが自分に合う薬なのかは、のんでみなければわかりません。のみ始めても副作用が出てしまい、他の薬に変えることも。

あなたの症状に合う薬が見つかるまで、時間がかかるかもしれません。でも、薬の種類はたくさんあります。いつかきっとあなたに合う薬が見つかるでしょう。

 

自己判断では薬をやめないで

なかなか効果がでなくてもどかしい、つらいという気持ちから、薬を途中からのまなくなってしまう人がいます。それではうつ病は良くなりません。

自分に合う薬が見つからないつらさは、よくわかります。私もそうでしたから。それでもあきらめずに、薬をのみ続けることが大切です。

 

薬だけじゃダメ。絶対に必要な「休養」

治療に必要なのは、薬だけではありません。

薬以上に難しいのが、休養すること

あなたは休めない人間になっていませんか?

 

休めないから治らない、の悪循環

休養が必要といっても、仕事を休むとかやめるとか、現実的に難しい場合が多いと思います。

 

私がうつ病を再発したとき、仕事がとても忙しく、休むなんてとても言い出せない状況でした。週に1日しかない休日に、会社から電話がかかってくるのは当たり前。薬はのみ続けていましたが、体調は悪化していくばかりでした。

 

会社に勤めている人に限らず、主婦や学生でも、休めない人は多いです。

でも、休まなければ、うつ病は治りません。休む勇気を出してください。元気を取り戻したいのなら。

 

休養から焦りがうまれても

休んでいる間に、世間から取り残されているような感覚になることがあります。もっとがんばりたいのに、と思う人もいるでしょう。

休養しているあなたは今、療養をがんばっているんです。怠けているわけじゃありません。

 

早く治したい、早くまた働きたいという焦る気持ちはわかります。

私自身も、いまも焦ってしまうときがありますから。

でも、うつ病は薬をのんで休めばすぐに治るというものではないんです。良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、少しずつ、時間をかけて治していく病気です。

 

うつ病の治療に、焦りは禁物。

あなたも私も、うつ病を治すために、ゆっくり休みましょう!

コメントを残す

このページの先頭へ