休職中もお金が貰える傷病手当。退職後も継続可能な場合あり

うつ病で仕事を休むとき、一番心配なのは、やっぱりお金の問題ですよね。

私は休職するときに「傷病手当」という制度を使うことで、休んでる間も収入ゼロにならずにすみました。

あなたがサラリーマンなら、ほぼ間違いなくもらえる傷病手当金。

少しでも楽に療養するために、詳しく知っておいて損はないです。


仕事を休んでいてもお金がもらえる

傷病手当金は、仕事以外が原因の病気やケガで仕事を休むときにもらえます。

仕事を休み始めてから4日目以降、最長で1年半も支給されるという制度です。

利用しない手はないですね!

 

どんな手続でどれくらいお金がもらえるの?

申請に必要な用紙は会社でもらえます。

自分で書ける部分を書いた後、病院で医師にも記入してもらいましょう。それを会社に提出するだけ。

あとは、会社の健康保険組合で確認が終わり次第、指定した口座にお金が振り込まれます。

 

最初に提出したときは、支給まで1ヶ月以上かかることが多いようです。

無事に手続きが終われば、働いていたときのお給料の手取りの6割程度の金額が支給されます。

初回支給されるまではドキドキする時間ですが、一度もらえれば安心して療養できますね。

 

傷病手当の手続きのポイント

申請用紙は、会社に提出する前にコピーをとっておくのがおすすめです。

それから何ヶ月間も毎月同じ内容を記入し続けるので、いちいち書くことを考えるのは、うつ病患者にはつらいもの。コピーがあれば自分の書く部分はほぼ丸写しできます(支給対象の期間等は、毎回正しく記入が必要です)。

 

休職からそのまま退職しても、継続してもらえる場合もある

私は休職からそのまま退職という道を選びました。それでも退職後も傷病手当金は続けて支給されたのが、不幸中の幸いです。

退職後も支給されるかどうかの条件として、下記の2つがあります。

  • 退職日まで健康保険に入っていた期間がが継続して1年以上あること
  • 資格喪失日(退職日)の前日に、傷病手当金を受けていること

 

この2つの条件を満たせば、退職してからも傷病手当金を受け取ることができます。

ただし手続きは会社を通してではなく、健康保険組合を通してやることになるので、それだけ気をつけましょう。

 

仕事を休んでもお金がもらえる傷病手当制度。

どんどん活用して、しっかり休んでくださいね!


コメントを残す

このページの先頭へ