うつ病で障害年金をもらえる!?知っておきたい種類や過去分

うつ病の治療が長引くと、生活費の不安はどんどんふくらんできますよね。

傷病手当や失業給付をもらいきってしまい、もうお手上げと諦める前に!

うつ病と診断されて1年半が経っていれば、障害年金をもらえる可能性があります。

 

私は生活が苦しいときに障害年金がもらえるようになって、精神的にもとても楽になりました。

手続きが大変なんでしょ? 自分がもらえるとは限らないよね? そう思ってるならまずは、障害年金のことを知ってください。


障害年金の基礎知識

ここではできるだけシンプルに、障害年金について説明します。

 

障害年金の種類

障害年金は大きく分けて2つの種類があります。

うつ病と最初に診断されたとき、加入していた年金が

  • 国民年金だった場合 → 障害基礎年金
  • 厚生年金だった場合 → 障害厚生年金

となります。

 

大きな違いとして、障害厚生年金には1~3級がありますが、障害基礎年金には1、2級しかありません。

障害基礎年金で症状があまり重くない場合には、3級がないため、受給審査が通らない可能性があります。

また、どちらも年金の納付状況によっては認定されないこともあるので、必ずもらえるものではないということは覚えておきましょう。

 

必要になる書類

  1. 診断書
  2. 病歴・就労状況等申立書

 

(1) 診断書

障害の等級の審査では、診断書の内容がとても重要です。

日常生活や仕事にどれだけ支障が出ているか、できるだけ詳しく診断書に書いてもらいます。

症状や、それで困っていることなどを事前にまとめておいて、医師に伝えましょう。

 

(2) 病歴・就労状況等申立書

初診日から障害年金申請までの病歴が長い場合、この書類の作成がとても大変です。

私はこれを自分で書けるような体調ではなかったので、社労士に依頼しました。

診断書の内容と違いがないようにより詳しく、症状や就労状況、病歴を記載します。

 

過去にさかのぼって請求もできる

初診から1年半経った日を障害認定日といいますが、そこから時間が経っている場合、過去にさかのぼって請求ができます。

ただし、障害認定日の頃に、年金の等級に該当する程度の症状だったことが条件です。それを診断書に書いてもらい、上記の2枚に加えて提出すれば、審査がとおれば最大で5年分の年金が支給されます(5年より前の分は時効になります)。

 

病歴が長いと初診の病院でカルテが残ってなかったり、引っ越しをして遠方になってしまったりと、診断書が用意できない場合もあるでしょう。

私は幸いにもカルテが残っていたので、5年分の年金を受給できました。

3級でも大きな金額になるので、できるなら申請はしたいところですね。

 

社労士事務所で相談してみよう

障害年金の手続きについて、社労士(社会保険労務士)事務所で無料相談を行っているところがあります。

手続きを始めるには、まずそこへ行ってみるのが一番簡単な方法です。

無料相談は30分と決まっていることが多いので、行く前に、病歴や年金についておさえておくと効率的です。

 

必ずもらえるわけじゃなくても、もらえたら大きい障害年金。

もし可能性があるなら、申請してみてはどうでしょうか?


コメントを残す

このページの先頭へ