うつ病を支援する制度。

うつ病になり、働けなくなった。

そんな出来事が世の中にあふれていますが、実際に働けなくなると、収入が途切れ、生活する術がなくなります。

私もそうでした。

そんなとき、助けてくれる制度、というのがあるんです。

病気で働けなくなったとき。

仕事が原因なら、労災補償。

仕事以外が原因の怪我・病気なら、傷病手当の対象となります。

私は実際に傷病手当金をもらっていました。

仕事を休み始めて4日めから支給され、退職後も最長1年半もらえます。

これから仕事を休職する、もしくは休職しているという方は会社の健康保険の担当へ問い合わせてみて下さい。

次に、仕事を辞めた場合。

いわゆる失業保険が適用になります。

失業手当を含む求職者給付就職促進給付教育訓練給付などです。

働く意思があること、働ける体調であることが前提にはなりますが失業手当の受給を先送りにすることもできます。

最寄りのハローワークにご相談下さい。

うつ病を含む精神疾患の治療を受けている場合、

生活保護や障害年金なども適用できることがあります。

生活保護は福祉事務所か市町村役場、障害年金は日本年金機構が担当になります。

必要に応じて相談してみましょう。

最後に、自立支援医療制度について。

すでに利用している方も多いと思います。

これは患者の医療費の負担を減らすため、

1ヶ月あたりの自己負担の上限を設定する制度です。

うつ病ももちろん対象になりますし、私も以前は利用していました。

限度額は世帯の所得によって区分されます。

市町村の担当窓口に、診断書や申請書などを提出して手続きを行います。

詳細は窓口に確認してみて下さい。

また、一度適用になっても、1年ごとに更新が必要です。

面倒な部分はありますが、

うつ病の治療費はけっして安いものではありません。

利用できる制度があるなら、ぜひ検討してみて下さい。

自立支援については、下記のHPを参考にどうぞ。

日本の社会保障については様々な議論があり、

増えていくうつ病患者に対して適切な制度があるとは言い切れません。

それでも、現行の制度の中で、利用できるものは積極的に利用し、

治療の大変さを、せめて経済面だけでも軽減できればいいですよね。

2 Responses to “うつ病を支援する制度。”

  1. コスモス より:

    仕事をしている若い方でうつ病を抱えている人は仕事が出来なくなり収入がなくなるのはとても大変な事ですね

    私は専業主婦で主人の年金暮らしです
    先日、私も還暦を迎え年金を貰える年齢になりました

    働かなければならない人とは違い気が楽なのかもしれませんね

  2. >コスモスさん
    仕事ができないと困るので、私もなんとか働ける程度に体調を維持してがんばってます。
    専業主婦や年金暮らしでもその人なりの大変さがあると思います。無理してでも働いていると気が紛れたりもするので、一長一短ですね(^^)
    私は家事が苦手なので、専業主婦の方はすごいと思います♪

コメントを残す

このページの先頭へ